お知らせ・コラム

知財裁判例速報

平成29年(ネ)第1147号損害賠償請求控訴事件

  • 知財裁判例速報
  • 2017/12/04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事件番号等

平成29年(ネ)第1147号損害賠償請求控訴事件

裁判年月日

平成29年11月16日

担当裁判所

大阪高等裁判所(第8民事部)
(原審・大阪地方裁判所 平成27年(ワ)第6459号)

権利種別

パブリシティ権

訴訟類型

民事訴訟

結果

控訴棄却

趣旨

  1. 原判決中,控訴人敗訴部分を取り消す。
  2. 上記部分にかかる被控訴人の請求を棄却する。
  3. 訴訟費用は,第1,2審とも被控訴人の負担とする。

争点

  1. パブリシティ権侵害による不法行為の成否
  2. パブリシティ権侵害による損害額

裁判所の判断

  • 以上によれば,被控訴人の請求は,控訴人に対し,P1の画像を掲載した不法行為に基づく損害賠償として110万円及びこれに対する平成28年3月17日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める限度で理由があり,その余の請求はいずれも理由がない。
  • したがって,これと同旨の原判決は相当であり,本件控訴は理由がないので棄却する

キーワード

パブリシティ権/肖像権/人格権/不法行為/人格的利益/顧客吸引力



 

判決文

 RSSリーダーで購読する

内容についてご不明点などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい



知的財産に関するご相談や疑問・質問など、お気軽にお問い合わせください。06-6345-7777 (営業時間:平日 9:00~18:00)